TOP>>道具>>オーバーホール(はじめに)
画像
はじめに Q&A 工具 オーバーホール開始

 リールは機械なので定期的にメンテナンスをしなければなりません。メーカーにオーバーホールを依頼するのも良いですが、 お金と時間(1週間)がかかるので出来れば自分でやりたいものです。

 そこでここでは、スピニングリールの「カルディアKIX」を例に挙げて、リールのオーバーホール方法を紹介しています。


【はじめに】

・ 部品名とその値段やリールの構造図は『ダイワパーツ検索システム』からダウンロードすることが出来ます。
・ オーバーホールには1時間程度かかります。
・ 作業は綺麗な机の上で行ってください。
・ ワッシャーのつける場所は間違えやすいので、必ず構造図に色(金、銀、厚さ)を書き込んでください。
・ ドライバーは必ず大きさのあったものを使用してください。
・ よくわからないグリスは使わないでください。


重要

 ここではリールのオーバーホールを出来るだけわかりやすく紹介していますが、すべてのリールにおいてここで書かれた 方法が当てはまるわけではありません。

 リールを分解するに当たり、誤った組み立て方をするとリールが壊れる可能性もあります。どのようなことがあっても、 発生したあらゆる損害について、一切責任を負いません。すべて自己責任でお願いします。

※もし誤った記載を見つけた場合、掲示板やメールにてご一報いただけると幸いです。



      Copyright (C) 2005-2012 daizou                                           だいぞうのホームページ
      最終更新 2012年2月11日